2017年11月13日

【ライブレポート】Jazz Bar 渡辺香津美 A Night With Strings@新百合トウェンティワンホール

 いよいよスタートした【かわさきジャズ2017】。10日間にわたっておこなわれる同フェス2日目となる11月11日、新百合トウェンティワンホールにてギタリスト、渡辺香津美によるコンサート【Jazz Bar 渡辺香津美 A Night With Strings】がおこなわれました。

 すでに【かわさきジャズ】の名物企画となっているトウェンティワンの“Jazz Bar”公演。ジャズクラブさながらお酒や軽食とともにコンサートを鑑賞できるスタイルは、ゆったりと音楽を楽しみたい大人たちにぴったりです。さらに、この日のショーは2部構成で、前半はソロ・セット、後半はストリングス・クインテット(弦楽五重奏)を迎えての特別編成で日本を代表する名ギタリスト渡辺香津美の演奏を堪能できる、まさに“フェスティバル”にふさわしい贅沢な内容となりました。

photo1.jpg

 前半のオープニングを飾ったのは、ジャズのスタンダード曲「セント・トーマス」。以降、アコースティック/エレキギターを楽曲ごとに使い分けながら、ヴァーチュオーゾ・スタイル(ギター1本で伴奏とメロディを弾く)であらゆるジャンルの楽曲を自在に演じます。弾むように、ときに歌うように、叫ぶように奏でられるドラマチックなギターの音色。ソロ・セットとは思えない圧倒的な存在感と迫力にぐんぐん引き込まれてしまいます。

photo2.jpg

 ソロ・セットでは、自身の楽曲のほか今年2月に逝去したラリー・コリエルの「ジンバブエ」やマイルス・デイヴィス「マイルストーンズ」など、かねてからレパートリーとなっている楽曲が披露されました。ビートルズの「カム・トゥゲザー」では、ジョン・レノンさながらの“シャウト”で会場を沸かせる一幕も。

photo3.jpg

 そして、ストリングス・クインテットとともに再びオンステージした後半は10月にリリースされたばかりのニュー・アルバム『トーキョー・ワンダラー』に収録された珠玉の名曲を惜しみなく披露。同作のレコーディングにも参加した精鋭メンバーによって奏でられる芳醇なストリングス・サウンドの上で、七色に変化するギターの音色に観客も思わずうっとり。

photo4.jpg

ジャズ・フュージョンの金字塔「スペイン」からポップ・ソング「君の瞳に恋してる」、サンタナ「哀愁のヨーロッパ」、そしてアンコールのビートルズ「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」まで、渡辺の卓越したテクニックと音楽センスに裏付けられたアレンジによって華やかに彩られた名曲に存分に酔いしれる一夜となりました。

photo5.jpg


photo:Takehiko Tokiwa

◎公演情報
かわさきジャズ2017
【Jazz Bar 渡辺香津美 A Night With Strings】
日時:2017年11月11日(土)
会場:新百合トウェンティワンホール

<Set List>
M1. St.Thomas
M2. Zimbabwe
M3. Stella by Starlight
M4. May One and Only Love
M5. Soleil
M6. Come Together
M7. Milestones
-Intermission-
M8. My Favorite Things
M9. Spain
M10. HABANA
M11. 哀愁のヨーロッパ
M12. Flamenco Red
M13. 君の瞳に恋してる
M14. これからの人生
M15. Birdland

EC1. While My Guitar Gently Weeps
posted by かわさきジャズ at 17:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: