2018年11月25日

11月10日 JAZZ JACK DAY!振り返りレポート

「かわさきジャズ2018」地域連携プログラムの一環として11月10日に開催された「JAZZ JACK DAY!」。ライブハウスや屋外ステージ、ストリートなど、バラエティ豊かな9会場で、同時多発的にジャズライブが行われました。

川崎駅の改札を出て、東口側のエレベーターを降りると、すでにジャズの音色が…

photo2.JPG

会場1「川崎駅東口駅前広場」。こちらでは、ライブハウス「八泉セルビアンナイト プレゼンツ スペシャル ジャズライブ」がおこなわれ、スタンダードから和太鼓まで幅広いジャンルを網羅したステージが行われました。

photo1.JPG

一方、駅直結の通路からミューザ川崎方面へと進むと、会場2「ミューザ川崎ゲートプラザ」に到着。

photo3.JPG

普段からフリーライブがおこなわれているこちらでは、公募で集まったミュージシャン8組が集結。熱いライブを繰り広げてくれました!

また、会場3「ラ チッタデッラ」では「JAZZ ENTRATA」と題し、10日&11日と2日間にわたり、2つのステージでライブサーキットを展開。

photo4.JPG

最新ジャズシーンを賑わす話題のアーティストも多数出演!なんとも豪華なフリーライブということで、2日間、つねに多くのギャラリーで賑わっていました。

そのほか、3つのストリート=「銀柳街」「銀座街」「いさご通り」と、3つの屋内会場=「Public House ぴあにしも」「ON THE MARKS」「unico」の計9会場でおこなわれた「JAZZ JACK DAY!」。これだけでも見所十分なのですが、実はもう1つの目玉企画がありました。

 それが、ラ チッタデッラの中央広場を起点に銀柳街〜銀座街にわたっておこなわれた「パレード」です。出演はオルケスタ・レグルスと大西学園中高等学校吹奏楽部。

photo5.JPG

「かわさきジャズ2018」の本公演にも出演したオルケスタ・レグルスによるパレードは、飛び入りOK!ラテンの明るく陽気なノリで、子供から大人まで大盛り上がり。手作りの楽器を鳴らしながら歩く子供たちもとっても楽しそう!

photo6.JPG

一方、大西学園中高等学校吹奏楽部によるパレードは迫力満点。演奏されたのが誰もが知る名曲ばかりだったこともあり、思わず足を止める買い物客多数。

photo7.JPG

 今や“日本一のハロウィンイベント”として、全国区の知名度を誇る「かわさきハロウィン」から2週間後のこの日、仮装とは対照的な「ジャズ」に染まった川崎駅周辺。この振れ幅こそが、川崎というまちの魅力なのでは。

心と耳の準備をして、じっくりとジャズを楽しむのも素敵ですが、街の喧噪の中から聴こえてくるジャズの音色もまた、心躍るものです。そんなシチュエーションを演出してくれた「JAZZ JACK DAY!」。聴こえてくる音楽に耳を澄ませるもよし、地図を片手に全会場を制覇するもよし、パレードに参加するもよし…思い思いの自由なスタイルでジャズを堪能できる1日となりました。
posted by かわさきジャズ at 16:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: